キッチンサマンサのブログ

お菓子作りで簡単にレパートリーを増やす方法

お菓子作りも慣れてくると、いろいろなお菓子の型を使って
いつもとは違うオリジナルレシピに挑戦したくなりませんか。

たとえばケーキ型(焼き型)を例にとっても
デコ型、パウンド型、マフィン型、マドレーヌ型など
種類もさまざまで、型の種類だけレシピもあります。

特にお菓子作りには昔から「正確に測る」という
計量至上主義(?)のようなものがあり、
私の周りでも信じ込んでいる人がいて
お子さんが小さいときには焼いていたけど今はねえ…と。

それが未だにお菓子作りのハードルが
下がらない原因でもあります。

1.最近の手作り菓子の投稿から

ところが最近ではひとつの型をいろいろな焼き菓子や
簡単な料理に使うことも多くなりました。

考えてみたら、金型はお鍋やフライパンと同じ金物なので
油を塗って加熱すれば材料をおいしく調理してくれますから
それもありですね。

料理サイト、動画サイトやSNSなどで料理研究家や
趣味でお菓子や料理を作る人たちのレシピには
独創性や新しいアイデアもあり見ていて飽きません。


2.さっそく差し入れ用のお菓子に大胆にもアレンジを加えてみる

以前パーティの差し入れで、リンゴのタルトを焼きまして
生地に流し込むカスタードクリームに、新しい何かをと
ちょっと「キャトルエピス」を足してみました。

キャトルエピスとは
胡椒、ナツメグ、クローブ、シナモン
の4種がミックスされた香辛料です。
生地やクリームなどのお菓子作りの時の風味づけ以外にも
パテ、お肉や魚料理などにも使われます。

カスタードクリームは材料が牛乳、卵、砂糖、薄力粉と
シンプルなので作るときに卵が加熱されすぎなければ
成功しますが、シンプルな分アレンジに乏しい。
そこでちょっとしたアレンジで、このキャトルエピスの登場です!
シナモンとナツメグが入っているのでクリームとの相性は抜群です。

3.カスタードクリームにアレンジをした結果

材料を計って
牛乳をゆっくりと小鍋であたためながら
傍で卵黄と砂糖を混ぜ合わせます。
小麦粉を加えて合わせた中に
牛乳を少しずつ加えていきます。
もう一度小鍋に戻して弱火で
艶が出るまでゆっくり木べらで混ぜます。
最後にスパイスを振り入れて出来上がり。

私は割とスパイス好きで何にでも
「とりあえず入れてみる」のですが
差し入れた先で、食べた感想は上々♪
「このクリームが良いね」と。

秋冬には温かい料理が恋しくなりますよね。
煮込み料理、オーブンを使った料理が本当に多くなります。
風味付けの香辛料が活躍します。
塩、コショウのシンプルな料理も良いけれど
ひと手間かけることでガラッと変わるスパイスは
おすすめですよ。
特にスパイスは割と乳製品との相性が良いものが特徴です。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送のみ

ご注文はインターネットにて、毎日24時間お受けしております。お問い合わせの回答、または商品の発送は営業日に行います。

キッチンサマンサのブログ

料理やお菓子作りについて、かんたんに作る方法や料理のコツなど紹介しています。
店長日記はこちら >>

毎週月曜日更新!

今週のセール 

お客様の声
 
プレゼントラッピング

キッチンサマンサ 期間限定ショップ

 

QR

ページトップへ